FC2ブログ

Life is beautiful★

インテリアデザイナー・インテリアデコレーター・女性建築士です。WEBではインテリアの情報を発信中★

5つ星の古城ホテルに宿泊-アイルランド・アシュフォードキャッスル Ashford Castle



昨年の今頃は、アイルランドに旅していました。(英国北アイルランドも立ち寄りました)

その旅の中でもメインは「アイルランドの誇り」、名城アシュフォードキャッスルAshford Castleでの宿泊&視察です!
 URL: https://www.ashfordcastle.com/ 

 エクスペディアで見る: アシュフォード キャッスル Ashford Castle

荘厳なメインダイニング George V Dining Roomでディナーを頂くこともできました。

ashford castleは1228年に建てられたアイルランド最古のお城。
そんなお城に泊まれる体験ができるなんて古城好きにはたまりません。
映画「静かなる男」、そして最近では海外ドラマの「REIGN/クイーン・メアリー」(中世好き、はっきり言って中世オタクの私は、ドはまりしていました)が撮影されたお城としても有名です。

トップの写真は、私が撮影しました。メインゲートの反対側、庭園側から撮っています。
偶然、人ひとり歩いてはいなくて、空もサーッと晴れ渡ってきて。ラッキーでした。

私が見ている方向の反対側には、湖があります。
「クイーン・メアリー」の第一シーズンで、メアリーとフランソワが「ラブラブ」な場面がこの岸辺。

「ここでチューしてたんですよね~!」と、見知らぬ人に話しかけ一人でコーフンして騒いでいた私です。旅の恥はかき捨てです。

けれど、ベルサイユなどの近代王家の居城ではなく、もっともっと古い時代のお城はなんてステキ、、、、。

室内もきらびやかではあったのだろうけれども、厳しさの感じられる空間。
日本の戦国時代にも通じる儚い人生と表裏一体にある荘厳さが、なんともロマンチックであります。

83室(情報ソースによっては82とも)ある客室は、全てが異なるインテリアデザイン。どんなお部屋に泊まれるのかは扉を開けるまで分かりません。

私のお部屋はツイン(厳密には「ハリウッド・ツイン」というスタイル)で、ペールブルーとゴールドを基調とした中世の王室を彷彿とさせるデコレーションが施され、バスルームは総大理石で豪華。
それでもハードは超ハイテクです。
ウィンドウトリートメントの一部はスイッチ一つで自動開閉、バスルームに自動の床暖房も。
古き佳きものと最新のテクノロジーが融合していました。

実はギネス家などいくつかの資本家の手を経て現在はラグジュアリー・ブティックホテルチェーン「レッド・カーネーション」という企業の傘下であり、大規模な改装が施されたばかりなのです(2015年)。
天蓋やウィンドウトリートメントのデコレーション、そして布クロスの押さえ方等々、細部のディテールと施工テクニックについては流石本場・・・というばかり。初めて目にするテクニックも沢山で、視察すべき要素が満載でした。

・・・という訳で、感動も冷めやらぬ状態ですが、お部屋の全容の写真掲載はここでは控えさせて頂くという事に致しまして、、、。

(お部屋に入るまで、どんなデコレーションのお部屋か分からないというのは良いですね。
ホテルのHPにも全て掲載されてはおりませんし、インターネット上でも利用者のお部屋の写真UPが少ないのは、私もそうですが、実際に訪れた人ならではの「ドキドキ・ワクワクのお楽しみ」で是非あって欲しいという思いが、宿泊を経験した人にも生まれるからだと思います。)

ディナーから部屋に戻ると、ターンダウン・サービス(ディナーの間に、通常のしつらえから、就寝用にベッドメイキングしておいて頂けます。)で整えられたベッドの上には可愛らしいチョコのBOXが置かれていました。これも、若い頃はチップのお礼かな、と思い込んでいましたが、ターンダウンサービスの一環だったのですねー。(35年を経て真相を知りましたw)

そしてバスルーム(ヴィデ完備・総大理石・オーバーヘッドレインシャワー・前述しましたが床暖房完備)は照明が落とされ、キャンドルが。。。。。サプライズですね!ロマンチックでした!

ashford castle2

ashford castleはスタッフの皆様のホスピタリティも素晴らしく、格式ばったところの無いフレンドリーなおもてなしをして下さいました。そんなリラックスした雰囲気に、又必ず戻ってきたいと思わせられるホテルです。

「アイルランド」という国もそうです。必ず戻りたくなる国といえます。
苦難の歴史を経て、現在は自国の人口よりも沢山の人々が海外へ移住していますが、初めて訪れた者にも「故郷」を感じさせてくれる。どこか「懐かしさ」を感じる。そんな国。

詳しくは次の機会に譲りますが、アイルランドという国の素晴らしさを、沢山の人に伝えたくなりました。

(アイルランドでは本当に沢山の写真を撮ってきたので、自分のHPにて掲載しようと試みているのですが、なかなか進みません、、、。)

 にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ


 旅行

 アイルランド アシュフォードキャッスル Ashford Castle