FC2ブログ

Life is beautiful★

インテリアデザイナー・インテリアデコレーター・女性建築士です。WEBではインテリアの情報を発信中★

ひっそりTwitterもスタート&サイトをセキュアに変更しました!

interior

photo by florencia-viadana-unsplash

SNSですが、自分は全く不向きな様で、そもそも今まで仕事と子育てだけの生活でしたので

「プライベートの友人がいません」(笑)

Facebookも個人アカウントがありますが、これはFacebookページの運営の為取得したようなもので、「友達」は40人以下です(大笑い)

で、何度もこちらに書いていますが、熱心に行っていたSNSは、Pinterestのみで。

それも最近は、プライベートボード(私にしか見えないボード)に資料や勉強になる写真やリンクを集める事にしか使ってません。
その数、もう10,000枚を超えてしまったので、なんとか公開しているボードにまとめていきたいのですが;

他には Flipboardにアカウントを持っています。
このSNSは、自分だけのマガジンが作れるというもの。
これはなかなかやりがいがあり、資料にもなるので重宝します。

また、Tumblrも。
これは、ネットを観ていて、ひらめいた画像やリンクをサクサクとINできるので、ピンナップ、書蔵庫代わりにできます。

ELLOというSNSも、開始されたばかりの頃にアカウントを取ってみました。今はどうだか知らないのですが、これは完全招待制の、クリエーター向きのSNSです。
私の記憶が定かであれば、Facebookにある理由で「はじかれた」クリエイター、そして広告に嫌気がさした人々、そんなこんな「反旗」を翻す意味で設立されたという骨のあるSNSです。

現在日本のインターネット上では正確な情報を得にくい玉石混合な状況でもあり、どちらかというと情報はそういった海外ベースで得ています。

話は戻りますが、そこでTwitterなのですが、ひとつは上に挙げたSNSはきちんと使うには手間がかかり、今の私の現状ではやりづらく感じてきたのがひとつ。Twitterは手軽。でも文章の編集ができない(多分)のは不便。

二つ目は、もちろんSEO対策。Twitterカードもまだサイトに設定していませんでしたので、Twitterアカウントが必須と考えて。

三つ目は、上に挙げたSNSで知った海外アカウントの情報の備忘録として(最近物忘れがひどいのでw)。

まあ、どんな風に使えるのかは試行錯誤していこうと思います。

ところでInstagramですが、私はそういうわけでFacebook系とはあまり相性が良くない人間だと自己分析しまして、それから、かなり「うっかり」何かを忘れる(仕事は~多分~慎重な部類に入りますが)タイプですから、画像なんて日にゃ、何を自分でしでかすか分かりません!!

特に気になるのが、水栓金具やボトルなどの「映りこみ」。
この前真剣に、ある写真家の人に、そういう場合どうしているのか聞きましたら、なんと、フォトショできっちり映りこみを加工するのだそうです!

私には、そんな時間もスキルもござんせん。
なのでプライベートで全く慎重さに欠ける私は、誰にどんなご迷惑をかけるかもしれませんので近づかないようにしています。

で、最後になりましたが、苦節19年、、、いや、違った、数年前よりgoogleが「セキュア」にしてくださいよ。と。つまりホームページアドレスの最初の「http」というところ、そこに「https」と「s」をつけてくださいよ、という事なのですが、というわけでそこまで手が回りませんでした。そもそも更新もなかなかできてませんでしたし。

で、この春、実は消費税がらみでの駆け込み需要が、予想外というか案の定というかやっぱりというか、ふむふむというか、そんな感じで「ゆっくり」となり、、、。
心理的にも余裕がありましたので、最近、ワンルーム専科住まいのリフォームのサイトデザインを変更した事もあり、勢いでサクッとセキュアに変更させていただいた次第です。

今迄の「http」でも繋がりますが、もし、もしも、昔からサイトを見てくださってブックマークをしてくださっている方がいらっしゃいましたら、念の為サイトアドレスの頭部分のところを
「http」から「https」に変更願います。

お手数ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

あ、それからこれは蛇足なのですが、Facebookに関して。

昔、その際に気づいた事があります。

「自分が楽しかったこと、嬉しかったこと」。そんな事を誰しもUPすると思うんですね。

けれどその時のリアクション。

ひたすら「すばらしい!」「すてき!」「いいな~!」「憧れますう」と、リアクションされる人と、

誉め言葉とかスルーされ、逆にそのスレッドでひたすら

「あ。私もそこ行きました」「あ、そこはあーでこーで、、、、」「私が行った(買った・食べた)ここのほうがいいですよ、知ってます?」的な「主人公の話題から自分の話題に持ってくパターン」なリアクションが並ぶ人と。

なんとなく二種類に分かれてる気がしました。

この差はなんなのだろうと。ひたすら「褒め文」が並ぶ人のキャラクターって、やはり押しが強くカリスマ性があるのでしょうか。
それとも、その人は他で、同じように人に「賛同」するから、人からのリアクションもその様に「賛同型」になるのでしょうか。

でもー、ああいうのって一応「よかったね」「いいね」と言ってもらいたいものだと思うので、リアクションに一切そういうのが無くて、逆に他者がそこで自分の事を話し出すって、、、、。それってどうなのか。普通なのか。気にしないのか。
主人公にあたる人は、それで凹まないのかなあ。
私なら、一見「鋼鉄の心臓」と思われてるけど、実は寂しがりや(←自分で書いてキモチワリイけど)なので、絶対凹むよ~;;

(けど、家族曰く、やたらと誉め言葉ばかり並ぶ人も、それはそれで、理由がある、という見解。意見も人により色々ありますね。)

そのあたりを分析してみるのも、仕事に役立つ(んな訳ないかもしれないけれど;;)かもしれませんね!

長くなりましたが、GWまであと少し、頑張ってお仕事いたしましょう
関連記事
 にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ


 日々雑感