FC2ブログ

Life is beautiful★

インテリアデザイナー・インテリアデコレーター・女性建築士です。WEBではインテリアの情報を発信中★

カフェ風の次は「パブ風インテリア」がクルかも!?アイルランドのパブのインテリア

irland2.jpg

「ダブリンの夜」

かなりの間「カフェ風」インテリアの人気が続いておりますが、個人的に次に来るのは「パブ風」インテリアではないかと。
(いつもの、自分の周囲限定的妄想でしかありませんが;;)

ひと昔前、勝手にインテリアのテイストを作り、そしてまたまた勝手に〇〇テイスト、、、と名付けては、ブログやHPに書いてたりしました。

パブと言えば「アイルランド」だ。と。もちろん学生時代にイギリスのパブにも行きましたがなぜか私にとってはアイルランドをイメージしてしまうのです(ヨーロッパ最古のパブはアイルランドにあるそうです)今回の渡航の楽しみの一つでもありました。
(メインの目的は、アイルランドの「古城」と「教会」。日本での「城」と「神社仏閣」と同じ。西欧建築の理解にはかかせない。それについては又。)

アイルランドでの食事場所といえば、昼食だって「パブ」だったり。実際、何度かの昼食はパブで。

今回はイギリスである北アイルランドのパブにも行きましたしアイルランドでは市街地のパブも地方のパブも。

二つの国のパブの雰囲気の違いやパブのインテリアというものやそのコツも分析できたと思います。

そして、なんと最近のお施主様でイキナリ「ダークな空間で!」というリクエストが。
早速、観てきた「パブのインテリア」をイメージして新築住宅の内装デザインをご提案しましたところ「これです!」初回でOK。
我々の仕事において、なにが嬉しいかと言うと、こういった「予測=当り!」という瞬間かもしれません。

仕事というものは多種多様でありますから、皆様も就いておられる業種により「ならでは」の喜びがおありの事でしょう。
なかなか、そういったモノは人とは共有できませんが、自己満足でも良いではありませんか。
それが、次の日のモチベーションとなるならば。

完成が楽しみです。・・・・と、本日は全く柄にもなく、「らしく」w書いてみました。

★「Let's Try!お部屋の模様替えしましょ!」に記事をUPしました。こちら★
梅雨の季節の、模様替えのご参考になれば嬉しいです!(←この記事は、某媒体で執筆した内容を編集しUPしています。)

関連記事
 にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ


 インテリアデコレーション

 interior