FC2ブログ

Life is beautiful★

インテリアデザイナー・インテリアデコレーター・女性建築士です。WEBではインテリアの情報を発信中★

手描き彩色パース。と、青焼き図面。

「手はずっと動かし続けろ」と学生時代に学んだので、未だに動かしてる人生だけれども、現在は段取りのボリュームの方が大きい。

仕事は増えれば増えるほど事前の段取りに細心の注意を払う。「途中で、次にする事は何か?」と考える時間が無駄だし、何も考えず取り組むのは、かえって効率が悪いからだ。それはどんな職種でも同じで、我々が特殊な訳でもなんでもない。

ある脳科学系の本を読んだら、事前に段取りを完全に把握していれば、段取りを意識しないで(つまり体で覚えているということ)仕事ができ、そんな状態がものすごい集中力を生み出すのだそうだ。
それを「フロー状態」と呼び、驚異の集中力、「異次元パフォーマンス」を生むのだそうだが、大変興味深いビジネス書だった。



(個人的な話になるが、私は仕事は「好きな事」だからしている人間では無いのだけれど、その辺り、この本には「好き」という切り口は一切無く、もっと別の意味での重要な事を脳科学をベースに解説している。)

表題と全然関係ない話でした。すみません;;

で、ちょっとここで、かなーり昔に描いた手描きの彩色パースを。
ホントは自分のドメインのHPに載せるべきなのですが、いかんせん、サーバーへのアップやソレ用のページ作成が面倒なのです。
最近仕事以外でこういったコトをするのが、マジで面倒な「お年頃」。(つまり。老眼。あー。みえにくいったらありゃしないw)

店舗デザイナーをしていた頃の、唯一残った手描きパース。理由は受注できずボツになったから。(笑)
一点透視です。我々が学んだのは立方体の分割・増殖画法です。
当時は手描きで最低でもこれくらいの仕上がりが普通。私はペーペー。
当たり前だけど遥かにパースが上手なデザイナーが一杯いた。

shoppers21.jpg



パースとは関係ないけど青焼きも出てきた。
20代前半に設計し宝塚市で実際にできたレストラン。今見ればツッコミどころ満載。若気の至り(笑)

zumen.jpg


こちらも手描き。パースはあげず彩色の練習をしたもの。
ペンは使わずにアウトラインまで全て彩色(アウトラインは不透明水彩)。

roompers21.jpg



こちらもそうです。

homepers21.jpg


そして現在お施主様にお見せする場合はオール3D.CGパースなので、手描きで描くのは自分の頭を整理する時位。
フリーハンドで、なぐりがきw 雑!こんなん公衆送信するなと、、、すみません。

rakugaki2.jpg







関連記事
 にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ


 日々雑感